ツールを導入する時期は?

10月 3rd, 2014

アマゾン輸出に挑戦したいと思っているなら、最初からツールを用意してしまったほうがいいです。

なんで最初から?
慣れてからでいいのでは?
と思うところですが、いくつか理由があります。

・輸出作業と一緒にツールに慣れておくべし

どうせたくさんアイテムを扱うようになればツールを買います。
でも新しいことを覚えるのって、片手間でやろうとするとかなりめんどくさい上に時間がかかります。
だったら色々試行錯誤しているうちから、ツールを使っちゃったほうが楽です。
ある程度アカウントや口座の準備ができたら、ささっとツールを導入して、
どこをツールに任せるか、どこを人間がやるかで分けて行ったほうが効率がいいです。


・やる気が出る

新しい服を買ったらそれをすぐ着たいし、新しいゲームかったらやりたいですよね。
それと同じでツール替えば、すぐ使いたくなります。
そのモチベーションを最初から持つことで、スムーズに取り組めると思いませんか?
やる気を出す為に買う、ということですね。
あと予め買っておいて、その金額を早く回収しなきゃ!
と思うことでやる気が出る、というのもあります。
やらなきゃ勿体無い、という感覚ですかね。


・周りはもう使ってる

どうせ使いはじめるなら早いほうがいいです。どうせ周りはみんな使ってます。
使わないで売りのガスくらいなら使い慣れなくても
早く導入して周りとの差を詰めていきたいですよね。

なので、資金に余裕があるなら最初から導入していきましょう。

無在庫で輸出とは?

7月 29th, 2014

日本に出品する場合、輸入は確実にやる必要があります。
何故かと言うと、日本のAmazon、そして日本のユーザーは商品はすぐ届くものだ、と思っているからです。

なので、商品は手元にないと危険です。
海外の発送までにかかる時間はだいたいアテになりませんので、信用しないように。

逆に輸出の場合、無在庫でOKです。
日本で商品を探す場合、注文が入ってから検索して注文、自分の元に届くまでせおぜい3日程度でしょう。
そこから海外に発送するわけですが、海外では2,3週間くらいかかると思ってる人が多いです。
そしてAmazon上でも、海外からの発送ですと描いて、かかる時間を多めにしておくことでクレームにはなりません。

この無在庫のいいところは、元手が少なくても出来るということです。
通常は在庫を入手してから出品するので、その在庫確保にお金がかかります。
でも無在庫なら注文が入ってから買うだけなので在庫をずっと確保する必要は無いわけです。

勿論全部を無在庫にする必要はありません。
日本Amazonに出してるアイテムをそのまま海外に出品して、在庫を共有しても良いわけです。
単純に考えれば、売り場が倍になるわけですから、日本と海外のAmazon両方使えばより利益が出せるわけですね。
アマゾン輸出とはこういう仕組みなのです。